2020年09月23日

ルアー&フライ⑵

1970年当時の釣り場は、ヘラブナや鯉のえさ釣りが主で、ルアーロッドを持って釣り場に行くと、何処へ行っても変な顔をされ、「お兄ちゃんたち、そんな物でお魚はつれないよ。」と言われ、近くでロッドを振ろうものなら迷惑がられ、しまいには、怒られてしまうのが、殆どでした。
ルアーを始めた最初のころ相模湖でブラックバスをよく釣りに行った。
手漕ぎボートを借りて、ヘラブナ釣り師の居ないところを選んでロッドを振りそれでもスピンナーでコンスタントに3・4匹はゲットしていた。
又、雨上がりの日は、如何いうわけかナマズが良く釣れたと記憶している。
スピンナー.JPG

奥多摩方面の渓流も同様で川幅と水量の豊富なルアーに適したところは見当たらなかった。
そんな中で管理釣り場の早戸川国際マス釣り場は、川幅も水量もあり近郊でルアーの腕を磨くにはうってつけであった。
当時は、ルアー・フライエリアなどはなく餌釣りの邪魔にならないよう遠慮しながらロッドを振っていたが、夕方になり団体客の帰った後の貸切りのエリアは、自由に釣りをさせて頂けた。おかげさまで随分と楽しませていただいた。
一つ一つの堰の深みに潜んでいる残りマスの大物を何度も釣り上げ餌釣りでは味わえないルアーの魅力にどんどんとハマっていったようである。
川の対岸にルアーを投げ入れて引きながら流れに漂わせ、ここぞと思ったポイントにルアーを送り込み、思ったところに入ると水中でキラッと反応があり、同時にロッドが引き込まれていく、この一瞬は、ルアー独特の醍醐味である。








posted by 団塊の末っ子親父 at 17:08| Comment(0) | LIEN

2020年09月15日

ルアー&フライ ⑴

ルアーフィッシングとの出会いは、昭和46年頃下北沢にも釣り道具店があり、そこのせがれのT君と幼なじみで仲が良かった。
T君からルアーを見せられ、「これで釣るんだけどやってみない」と誘われて2人で始めたのが最初だった。
その当時の道具は、外国製が主で国産は余り無かった。
まだ学生だった僕らには、手が出なかった。
そこは釣り道具屋のせがれ!!!
釣り竿のメーカーから試作品?を取り寄せたりで、全てT君がそろえてくれた。
こうして、49年ほど前の日本で、ルアーマンが、2名誕生した。
ルアー.JPG
当時は、ルアーフィッシングの専門の場所もなく管理釣り場の中にはルアーを受入れてくれる所も少なかった。
調べてみると、津久井湖や相模湖でブラックバスが釣れるらしい、箱根の芦ノ湖で大正時代にアメリカから輸入して放流したものが広がって行ったようだ。


一休限定プラン『タイムセール』随時実施中!




posted by 団塊の末っ子親父 at 17:37| Comment(0) | LIEN

2020年08月31日

LIEN控室

リアン控室の椅子と同じノルウェー製のファルコンチェアが日経新聞の日曜のThe STYLEに掲載されていた。

ファルコンチェア1.JPG

50年前に祖父の愛用していた椅子を引き継いでいらっしゃるようで、ハイバックの椅子にオットマンが付属している。こちらも45年前に購入した時にハイバック用にオットマンも購入したかったが、背の低い椅子2脚も同時に購入したので置き場所もなくオットマンを断念した記憶がよみがえった。


ファルコンチェア2.JPG


途中解体して天袋に保管していたので、華奢なフレームながら未だに現役で控室で演奏家の皆さんをお迎えしている。公演の合間の休憩、公演後の暫しの安らぎのお役に立つている。ハンモックのような座り心地はどこにも負けない。
ぜひ体感ください。



posted by 団塊の末っ子親父 at 22:54| Comment(0) | LIEN
タグクラウド